宴創2017
出演クラス紹介

3/25(土)1部


No.1
「道響」
321 浅草・アドバンス
【作曲/中条きのこ】 【編曲/坂本富美佳】
【講師/坂本富美佳】
自分の信じた道をまっすぐ突き進む様子を表す演目「道響」
長胴太鼓での打ち込み曲であり、このクラスにぴったりだと思い選曲致しました。個々の道を表現しながら打ち込みます。

 

No.2
「Yell!」
519 青山・アドバンス
【作曲/長田伸一郎】
【講師/長田伸一郎】
この曲は2点セットの練習用として作曲しました。外国人委託レッスン時にアメリカ人の男のが叩いてくれたリズムを基にしています。そのリズムをなるべく使った上で曲に変化をつけれるよう、且つ2点セット打ちに必要な重心移動や手の運びを曲を演奏しながら練習できるよう工夫しました。真似しやすいリズムですので是非会場のお客様も一緒に手拍子お願いします。

 

No.3
「Gazelle」
358 浅草・アドバンス
【作曲/橋口隆之】
【講師/田宮広野】
クラスみんなの憧れ、Gazelleに挑戦しました。
それぞれのパートに苦戦しながらも、358にしかできないGazelleを目指して練習してきました。1人1人に注目してください!
アフリカの夕暮れを浮かべながら・・・ドンツク ドンツク・・・

 

No.4
「五拍子」
349 浅草・アドバンス
【作曲/中条きのこ】【編曲/花原京正】
【講師/花原京正】
今回は中条きのこ講師作曲「五拍子」に挑戦しました。クラスのメンバーと話し合い、険しくも新たな挑戦をしようと今回の演目を選びました。五拍子のベースの強弱の使い分け、ベースとテーマのリズムアンサンブルに力を入れ取り組んできました。ドキドキタイムがどうなるか不安ですが、最後までみんなで打ち切ります。

 

No.5
「回転木馬」
538 浅草・アドバンス
【作曲/松丸純詩】
【講師/井川繭希】
遊園地で一際目を引くメリーゴーランド。
見ているだけで、夢の国へ誘ってくれる様な幸せで、楽しい雰囲気を、軽快なリズムと流れのある華やかな動きで表現しました。
当初はぎこちなかった動きも、練習を重ねる毎に滑らかになり、優雅さと可愛らしさのある538らしい素敵な回転木馬になりました!

 

No.6
「体音」
302/353 浅草・アドバンス
【作曲/川原崎能弘】【編曲/宮岡ちはや】
【講師/宮岡ちはや】
ただいま産休中、小笠原講師の302クラス。
フロントでお会いする時の優しいお顔と印象は違く、すっっっごく真剣な表情でとにかく打つ!打つ!打つ!
いつもは1年で曲を仕上げるそうなのですが、半年でやっていただいちゃいました!
353クラスは、小笠原講師の348クラスと一緒に練習しています。
雰囲気が全然違うクラス同士で、お互いとてもいい刺激となっています。
残念ながら出演できなかったメンバーが多いですが、心一つに演奏します!

 

No.7
「巴」
548 青山・小学生
【作曲/野村りょう】
【講師/野村亮】
今回も2人だけの出場になってしまいましたが元気いっぱい
曲を叩きます!!
先生も含めた三つ巴で、「巴」という曲を演奏します。
シバタ君ムラシマ君、先生とガンバロー!!

 

No.8
「湊結〜soyui〜」
324/340 浅草・担ぎ桶
【作曲/土屋奏子】
【講師/土屋奏子】
木曜日の夜の担ぎ桶クラスです。静けさと激しさの中に女性らしさとかっこ良さを表現した曲です!
ソロにも挑戦!

 

No.9
「きよしのズンドコ節」
337 浅草・ミドル盆太鼓ビギナー
【作詞/松井由利夫】【作曲/水森英夫】【編曲/伊戸のりお】【振付/石橋妙子】
【講師/石橋妙子】
氷川きよしさんの「きよしのズンドコ節」 とてもノリの良い曲ですが、構成や間奏の寸法が今まで仕上げてきた曲よりも複雑で進行に慣れるのに戸惑いました。二人のキヨシと五人の美女でノリノリで演奏したいと思います!

 

No.10
「RAY(レイ)」
550 青山・アドバンス
【作曲/古里祐一郎】【編曲/古里祐一郎】【振付/古里祐一郎】
【講師/古里祐一郎】
締太鼓、2尺伏せ打ちで編成し、一筋の光を表現いたしました。 講師の気まぐれで変更の嵐でしたが、よくついてきてくれました(笑) 締太鼓の細かいリズム、2尺のダイナミックで力強い演奏をお楽しみください。

 

No.11
「Yell!」
573 青山・アドバンス
【作曲/長田伸一郎】
【講師/長田伸一郎】
この曲は2点セットの練習用として作曲しました。外国人委託レッスン時にアメリカ人の男のが叩いてくれたリズムを基にしています。そのリズムをなるべく使った上で曲に変化をつけれるよう、且つ2点セット打ちに必要な重心移動や手の運びを曲を演奏しながら練習できるよう工夫しました。真似しやすいリズムですので是非会場のお客様も一緒に手拍子お願いします。

 

No.12
「流調」
352/377 浅草・ミドルビギナー
【作曲/長田伸一郎】
【講師/石橋妙子・横尾恭一】
流調はビギナークラスのために創られた曲です。 一打一打を打ち込み音を鳴らすこと、基本的なリズムを奏でられるようになること、お互いのリズムを聞きあいアンサンブルを楽しむこと…というビギナーの課題に沿って創りました。

 

No.13
「覇」
309 / 359 /
516 / 545 /
549 / 601 浅草/青山・ビギナー
【作曲/みやらび太鼓】【編曲/中条きのこ】
【講師/菅原・井川・斎藤・花原(京)・土屋】
講師演奏や初級・アドバンスクラスでも課題曲になっている人気の打ち込み曲をビギナー課題曲として構成しなおしました。一打一打の打ち込みと「ハッ!ハッ!ハッ!」と裏拍のところで声を出す難しさ、そして各クラスでオリジナルリズムを創り、クラスの個性を出しました、何よりも打ち込みの楽しさが現れる曲です。

 

No.14
「いななき」
323 浅草・大太鼓
【作曲/関根まこと】
【講師/中条きのこ】
長胴太鼓用の曲を大太鼓用に少しアレンジを変えて演奏します。大太鼓特有の響きを活かし、おおらかなイメージの「いななき」に仕上げました。一人一人の打ち込みをご覧ください。

 

No.15
「小倉祇園太鼓 」
373 浅草・小倉祇園専科
【伝統芸能演目】
【講師/坂本富美佳】
九州は福岡・小倉に伝わる伝統芸能「小倉祇園太鼓」 「ジャン」「ドロ」「カン」の3つより構成されます。 間に入る「ハヤッサ ハヤッサヤーレヤーレヤーレ」の掛け声は特徴的で、小倉のお祭りを想像させます。 是非、皆さまも一緒にお声かけください!

 

No.16
「もろびと」
508 青山・アドバンス
【作曲/西片翠敬】
【講師/西片翠敬】
青山木曜日のアドバンスクラスです。今回選曲しました『もろびと』は、大太鼓・長胴太鼓・締太鼓の3パートからなるアンサンブル曲です。大太鼓と長胴太鼓の厚みのあるフレーズと締太鼓の軽快なリズムが気持ちよく絡み合うように頑張って演奏したいと思います。

 

No.17
「以心伝心」
330 浅草・ミドルアドバンス
【作曲/ひがしむねのり】【構成/横尾恭一】
【講師/横尾恭一】
長胴太鼓の低音と縁打ちの軽快な音が絡み合って曲が進んで行くアンサンブル曲です。アクセントの効いた地打ちがさらに混じり合って心地よい響きを作ってゆきます。

 

No.18
「獅子GongGong」
琉花
【作詞・作曲/日出克】
【講師/花原京正】
「獅子GongGong」は力強く勇壮な曲に静の動きと動の動きが組み合わさったとても人気の高い一曲です。同時に難易度もとても高い一曲です。この曲をいつも華やかなステージを届けてくれる琉花が今回は力強く格好良いステージを届けます。普段と違う琉花の表情にご注目下さい。

 

No.19
「YARAIYA」
317/357 浅草・アドバンス
【作曲/山内利一】
【講師/石橋妙子】
YARAIYAとは鳥取の方言で「みんなでやろうや!」という意味があり、とても明るく楽しい曲です。シャッフルのリズムで進行します。今回は1尺9寸の大きな太鼓と、斜め打ちでの演奏です。

 

No.20
「桔梗の花」
529/556 青山・アドバンス/篠笛
【作曲/かみてのりみ】
【講師/中条きのこ】【講師/武田朋子】
<529>
愛知県に伝わる海東流神楽太鼓の打ち方をアレンジしたものに、お琴の旋律での篠笛のメロディを重ねて作曲されたもの。 優雅さ・しなやかさに小気味よい軽快さが表現できるよう頑張ってきました。 今回も529母ちゃん゛Sは健在です。
<556>
太鼓と篠笛が絶妙に絡み合い、融合している「桔梗の花」に挑戦しました。
雅な篠笛のメロディーが太鼓リズムの幹の上にしっかりと花を咲かせられるよう、緩急豊かに演奏します。

 

No.21
「道響」
531 青山・アドバンス
【作曲/中条きのこ】【編曲/花原京正】
【講師/花原京正】
一打の一打の打ち込み、自分の音にみんなの音を重ね、みんなの音に自分の音を重ね、心一つに打ち込む打ち込む打ち込む。今回挑戦したのは中条きのこ講師作曲の打ち込み曲「道響」。ビギナーから上がってきたメンバーとともにステージに立つのは今回が初めて。特に今回は激しい打ち込み曲に挑戦。最後まで打ち切る体力づくりに力を入れてきました。

 


 

<第2部へ>

<宴創2017トップページへ>